見出し画像

最初は議事録に苦戦、、、医療現場で活躍するSEが実践してきた、その成長の秘訣とは?

みなさんこんにちは。合同採用担当の斉藤です。
今回は、滋賀富士通ソフトウェアの現場SEへのインタビューをお届けします。
(少し長めの記事です。最後までお付き合いよろしくお願いします。)

<プロフィール>
滋賀富士通ソフトウェア(略称:SFL)は、滋賀大津に本社を構え、
金融、医療、人事システムを3本柱に、全国的にビジネスを展開している会社です。

▼滋賀富士通ソフトウェアの説明はこちらから!

今回は、そのSFLで医療(ヘルスケア)分野でSEをされている渡邉さんにインタビューをさせていただきました。

★渡邉 美都希さん
2015年入社(現在6年目)
現代社会学部出身

この方、とにかくお話し上手で!終始笑いの絶えないインタビューとなりました。そんな様子もお届けできればと思います。

<医療現場で活躍するSE>

斉藤:現在のお仕事について教えてください。

渡邉さん:ヘルスケアの東日本担当のチームに所属していて、東京の富士通グループの事務所に常駐しています。
たとえば、基幹システムである電子カルテを構築する中で、放射線システム等の部門システムが入るのですが、他社システムであるオリンパスさん等たくさんのベンダーさんと連携します。その会社間の調整をするSEですね。

斉藤:何社くらいの会社が関わっているのですか?

渡邉さん:ベンダーは多い時だと30社以上になるときもあります。。各社と連携しながら、システムの開発を進めています。人と人をつなぐ仕事が向いていると、自分では思いますね。

斉藤:すごいですね。お客様との接点もあるんですか?

渡邉さん:問題が起こった時などは、私から直接お客様に報告することもあります。直接プログラミングはやりませんが、部門システムと他社システムの連携やシステムの性質等を理解するよう努めています。

斉藤:関西出身だということですが、東京の勤務はどうですか?

渡邉さん:最初は抵抗ありましたが、今は東京配属でよかったと思えています。日本の中心で仕事ができる機会って貴重だと思います。今の部署は出張も多いですね。東日本の病院を全般担当するので。
北海道とかもいきましたよ。おいしいごはん食べられたのはよかったですね。それを目標に仕事を頑張ろーっていう気持ちにもなれますし。

斉藤:そういう楽しみ方もあるのですね。たくさんの病院を担当されたのですか?

渡邉さん:そうですね。今まで10施設以上ですね。

<後輩の成長も実感できる日々>

斉藤:一人で一つの病院を担当するのですか?

渡邉さん:今のチームは全員で9人、一つの病院を2名体制で担当しています。今は2年目の女の子と一緒に仕事しています。

斉藤:では、色々と教えてあげている感じですね。

渡邉さん:そうですね。関係は良好ですよ。
出来ていないことは端的に伝えるようにしてますね。そしてほめるときはとことんほめる!
先日、本稼働に向けた作業がありましたが、各ベンダーさんの状況を、詳しくヒアリングして報告してきてくれた時は、成長したなぁって思いましたね。

斉藤:後輩の成長を実感できるのはいいですね。他のチームメンバーや上司はどんな方ですか?

渡邉さん:上司は私が新人の時から見てくれている元トレーナーなんです。
毎朝、チーム全体で作業の報告を行うので、毎日コミュニケーションとってますよ。
チーム自体は仲良いと思います。9名中5名が女性です。

<文系出身の私が。。。>

斉藤:文系出身ということで、やはりハードルはあったのですか?

渡邉さん:正直、最初は議事録を書くのも大変でした。聞こえた言葉をそのまま書いてました。

斉藤:わからないことだらけで大変ですよね。何か工夫されたことは?

渡邉さん:とにかく質問することです。他社の方でもパイプつくって、聞きまくる!そしてそれを、蓄積してきました。今でも、自分が納得するまで聞いてますね。
後輩にも伝えているのですが、自分が納得してないと、人に説明できない。
理解してないまましゃべってる人って、すぐにわかりますしね。

斉藤:でも、忙しい人にはなかなか質問しにくかったりしないもんですか?

渡邉さん:忙しい人に対しては、一旦引いて、あとで時間を作ってもらうようにしてもらってます。ただで引き下がるわけにはいかないので。

スクリーンショット 2020-12-24 18.41.58

<就活の話>

斉藤:SFLに入社した理由を教えてください。

渡邉さん:ヘルスケアのSEを希望していました。
理系なら、医者、看護師として人を助けられる。文系でもそこに携われるのは、医療系のSEだと思ったのがきっかけですね。

斉藤:入ってみて、SFLはどんな会社だと感じていますか?

渡邉さん:風通しがいいですね。
コロナ前は、事業計画発表会で、社長や役員がみなさん東京に来てくれて、終わってから全体で飲み会がありました。
社長としゃべるなんて、ふつうはあまりできないのですが、いざ話してみると、とても接しやすい人でしたね。
話しやすい雰囲気をつくってくれたのだと思います。
コロナがおさまったら、またそういう機会を作ってほしいですね。

斉藤:ずばり、どういう人に向いてる会社でしょうか?

渡邉さん:SFLだけではないかもしれませんが、責任感が一番大事だと思っていますね。
仕事のやり方がかわってくると思います。
信念もって、やり遂げられる方がいいのではないでしょうか。
とはいえ、色んな人に入ってきてほしいですね。
困っている学生さんの役にたてればと思うので、リクルータとしてもがんばっていきますね!

斉藤:ぜひ、会社セミナーにも出てくださいね。ありがとうございました。

12
富士通グループ合同採用チームが、新卒採用や働き方に関する情報を提供します。インターンシップ受付中!▶HPはこちら https://is.gd/KWG4fv ●富士通グループのソーシャルメディアの公式アカウントのポリシー、一覧等はこちら  https://is.gd/T0ViJ1