【採用担当コラムvol.1】就活を始める上で、たった2つの大切なこと
見出し画像

【採用担当コラムvol.1】就活を始める上で、たった2つの大切なこと

こんにちは!富士通グループ合同採用チームの平野です。
今月から採用担当コラムを月一で掲載していきます。現役の採用担当だからこそお伝えできる本音を発信していきたいと思いますので、ぜひチェックしてください!
第一回の今回は「就活を進める上で大切なこと」です。


就職活動で大切なことは、大きく2つ

就職活動で大切なことは、何でしょう?

これまでの採用担当としての経験から、大きく2つのことが大切だと感じています。

1つ目は仕事理解。

仕事をじっくり理解して、会社を探すこと

2つ目が自己理解。

自分の強み、弱みはどこにあるのか
強みを活かせる仕事・役割は何か
弱みを気にしないでいい仕事・役割は何か

これらの2つの理解を行った上で、それぞれがかみ合っているかどうか。

どちらも会社に入った後に
「思っていた仕事と違っていた。ミスマッチ!退職!」
とならないために外せない大切なことです。

年内に「自己理解」が完了しているかがポイント

また、仕事理解よりも自己理解の方が比較的時間がかかると言われています。

自分自身をより深く理解して、適切なアピールを行い、企業のカルチャーや仕事内容がマッチする企業に出会う、決める、ということが大事です。

自己理解が不十分なために、面接などの自己アピールの場で失敗が続く学生さんが、毎年いらっしゃいます。

私も、もう少し自己理解ができていれば合格かもしれないという学生さんをたくさん見てきました。面接でアピールいただく内容を評価する前に、自己理解が弱いためにその人の内面や本当にやりたいことが見えてこない。こちらから質問を重ねても、なかなか素を出してくれない。こればっかりは面接官がフォローしづらいので、話を聞きながらもどかしい気持ちになります…

皆さんには早めに自己理解(自己分析)を開始することをおすすめします!
まだ焦る必要はありませんが、翌年の1~2月に説明会・選考を始める企業も増えていますので、年内には自己理解も深まっているといいペースでしょう。

自己理解のために、インターンシップを活用するのもオススメ

一人では自己分析できない、そもそも自己分析・自己理解って何?という方にオススメするのはインターンシップの活用です。

企業がインターンシップを実施する目的は

・仕事理解を促す
・自己理解を促す

など様々ですが、実際は「仕事理解を促す」内容のものがほとんどです。
そんな中、しっかりとインターンの情報収集を行えば「自己理解を促す」内容のインターンにも必ず出会えます。

ナビサイトで検索したり、先輩社員から話を聞くことで「自己理解もできるインターン」を
探してみると、新たな道が拓けるのでおススメです!

また、ご自身の学校内でも様々な支援イベントがあるはずです。そちらを活用するのもの良いと思います。慣れた環境でリラックスして、自己理解を進められます。


私たち富士通グループ合同採用においても、仕事理解と自己理解の両輪のサポートができるように取り組んでまいります!

Fujitsu Group Internshipも開催中ですので、ご都合がつく方はぜひ参加してみてください。自己分析ができるコースもありますよ!


自分を理解していない人がほとんど。まずは、一歩目を踏みだそう!

「自己理解」って正直ちょっと面倒くさいし、恥ずかしい気持ちもしますよね、わかります。でも就活が本格化する前の今からやっておけば、スムーズに3月以降の活動が進められるはずです!!

就活って何をしていいのか分からない、そもそも自分がどんな仕事をしたいのか定まってない、という方がほとんどだと思います。スタート地点みんな一緒です。恥ずかしがらず、面倒くさがらず、まずは自己理解(自己分析)から始めてみてはいかがでしょうか?

Fujitsu Group Internshipのご案内はこちら。

富士通グループ合同採用チームが、新卒採用や働き方に関する情報を提供します。インターンシップ受付中!▶HPはこちら https://bit.ly/30Q6yKO ●富士通グループのソーシャルメディア公式アカウントのポリシー、一覧はこちら https://bit.ly/3jqH5hz